美容と健康<美容鍼灸・美顔鍼>(反応点治療研究会症例集)

ニキビ、しみ、皮膚炎、ケロイドなどお肌のトラブル、ダイエット(痩身):このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が美容鍼灸をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご訪問いただき、ありがとうございます。

当症例集に関する、ご質問・お問い合わせ・コメントなどは
反応点治療研究会HP までお願いいたします。
スポンサーサイト

| アナウンス | 14:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年度 反応点治療研究会(東京)実技講習会

東京(関東地区)での講習会のご案内


2016年度 反応点治療研究会(東京)実技講習会

~問診を超える触診の世界へ~
腰痛、肩こりだけの治療から卒業しよう!内臓疾患をはじめ全身を治療できる反応点治療を共に学びませんか?皮膚にあらわれる反応点を感じられる職人の手を作りましょう。


日程

連続 4回で実施
•第1回 2016年 3月30日(日) 11時~16時
•第2回 2016年 6月19日(日) 11時~16時
•第3回 2016年 9月18日(日) 11時~16時
•第4回 2016年 12月18日(日) 11時~16時

当日のスケジュール

11:00~12:00 反応点治療の概論(講義)

13:30~16:00 反応点治療の実技


内容
•第1回 自律神経機能と反応点治療-自律神経失調症の原因とは
•第2回 痛みを解消する反応点治療-痛みの分析と対応(消炎鎮痛剤が効かない痛み)
•第3回 めまい・耳鳴り・難聴と反応点治療-中耳・内耳の失調と平衡・聴覚カット
•第4回 婦人科疾患の反応点治療-不妊症治療の盲点と婦人特有の疾病
 

会場
セラピースペース パレット
第1回 402セミナールーム
第2〜4回 304セミナールーム

東京都新宿区白銀町
東西線 神楽坂駅 徒歩5分
会場 ホームページ http://ts-palette.com/
地図はこちら http://ts-palette.com/map.html
※お問い合わせは会場ではなく下記にある当講習会の受付にメールでお願いします。

対象
鍼灸師、鍼灸学校の学生

定員
先着25名

参加費
1回あたり8千円(各回 その都度 当日徴収いたします)

持ち物
自分の鍼灸道具(普段使っているもの)、筆記用具
服装は自由です。治療を受ける側にもまわるのでラフな格好で。

テキスト

「反応点治療」 河村廣定・著 (医道の日本社 3,400円+税)
「ツボ刺激による自己ケア」 河村廣定・著 (遠見書房 2,000円+税)

※必須ではありませんが、反応点治療の知識取得のため、読書されることをおすすめしています。


申込先
office_rs1121*yahoo.co.jp 梁宛
迷惑メール防止のため、@を*にしています。*を@に変更して送信してください。携帯からメールを送信される方は、かならず@gmail.comを受信可能にしてください。
氏名、電話番号、住所、所属(勤務先、学校名など)を明記してください。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。


講師紹介


河村廣定

河村廣定
反応点治療研究会 顧問

1949年長野県生まれ。

専修大学卒業後、故富崎源一氏に師事し、早稲田鍼灸専門学校を卒業。
1983年岐阜市内で開業。 開業時に皮膚の異感覚と病態の関係に気づき、数々の研究を経て「反応点治療」を体系化。2000年神戸東洋医療学院に勤務しながら反応点治療の普及に努める。

中和鍼灸専門学校非常勤講師、(社)岐阜県鍼灸師会会長、第49回全日本鍼灸学会実行委員長を歴任し、(社)日本鍼灸師会会長表彰、(社)全日本鍼灸学会会長表彰、岐阜県知事表彰を受賞。


書籍

はり灸師が教える ツボ刺激による自己ケア -皮膚から検索・疾患別アプローチ

著者:河村廣定

出版社:遠見書房 (2012/6/25)

反応点治療―経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療

著者:河村廣定

出版社:医道の日本社 (2005/06)



※リンク先はAmazon.co.jpです。

| アナウンス | 13:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年度 反応点治療研究会(東海)実技講習会

東海地区での講習会のご案内

2016年度 反応点治療研究会(東海)実技講習会

受講生20名定員で開催します。
反応点治療の基礎から応用まで。 全身を診られる治療家になるため、ツボ=反応点の捉え方をみがき、実践的な実技を集中して行ないます。



日程
•第1回  4月10日(日) 反応点治療とは?
•第2回  6月19日(日) 痛みへのアプローチ
•第3回  8月21日(日) 婦人科疾患
•第4回  10月16日(日) 耳鼻咽喉疾患
•第5回  12月11日(日) アレルギー疾患


時間
各回とも10時~16時

会場
全て岐阜市のサンリ治療院
岐阜市幸ノ町1-16
電話 058-267-4489 
地図はHPを参考にして下さい。(→HP

参加費
初回に一括納入 2万5千円(5回分)
注! 欠席されても返金はできません。
年度の途中から参加される方は残り回数×5千円を一括で納入のこと。 (学生と継続の方は、残り回数×4千円)
鍼灸学校の学生と前年度から継続の方は、2万円

内容

反応点治療の基礎から応用まで。
体の内部の病気は、自律神経を介して皮膚の表面に現れます。訓練された指先の感覚で、この領域に触れると、他の健康な場所とはちがう独特の感じがします。この領域を「反応点」と呼びます。
「反応点」を触診で見つけることができると、様々な疾患に対応が可能です。腰痛、肩こりなど整形外科領域にとどまらず、あらゆる疾患、症状に対応できる鍼灸師を目指しませんか?

【午前】
10時 反応点治療の概論と症例報告(研究会の会員による発表)
11時 河村先生による補足講義

【午後】
1時~4時 実技 習熟度別にグループにわかれ、実技を行ないます。


対象
鍼灸師、鍼灸学校の学生

定員
受講生20名定員

持ち物
自分の鍼灸道具(普段使っているもの)、スリッパ、筆記用具
服装は自由です。治療を受ける側にもまわるのでラフな格好で。

テキスト

「反応点治療」 河村廣定・著 (医道の日本社 3,400円+税)
「ツボ刺激による自己ケア」 河村廣定・著 (遠見書房 2,000円+税)


申込先
2015年から継続の方もお手数ですが、再度メールにて申し込みをお願いします。kotoha022@gmail.com(清水宛)

その他
•お昼ご飯は持参下さい。会場から徒歩5分以内にコンビニあります。
•チューター制を準備しています。チューターとは、講習生の方がぶつかる疑問、悩みを共に解決する先輩のような存在です。講師の先生には直接質問しにくいことも、担当のチューターには気軽に相談して下さい。
•年間を通じてメーリングリストにて講習や治療の相談に応じます。
•正規の講習会と別に隔月ペースで自主練習会を予定しています。参加無料。



講師紹介


河村廣定

河村廣定
反応点治療研究会 顧問

1949年長野県生まれ。

専修大学卒業後、故富崎源一氏に師事し、早稲田鍼灸専門学校を卒業。
1983年岐阜市内で開業。 開業時に皮膚の異感覚と病態の関係に気づき、数々の研究を経て「反応点治療」を体系化。2000年神戸東洋医療学院に勤務しながら反応点治療の普及に努める。

中和鍼灸専門学校非常勤講師、(社)岐阜県鍼灸師会会長、第49回全日本鍼灸学会実行委員長を歴任し、(社)日本鍼灸師会会長表彰、(社)全日本鍼灸学会会長表彰、岐阜県知事表彰を受賞。


書籍

はり灸師が教える ツボ刺激による自己ケア -皮膚から検索・疾患別アプローチ

著者:河村廣定

出版社:遠見書房 (2012/6/25)

反応点治療―経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療

著者:河村廣定

出版社:医道の日本社 (2005/06)



※リンク先はAmazon.co.jpです。

| アナウンス | 13:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年度 反応点治療研究会(関西)実技講習会

関西地区での講習会のご案内

2016年度 反応点治療研究会(関西)実技講習会

~問診を超える触診の世界へ~
腰痛、肩こりだけの治療から卒業しよう!内臓疾患をはじめ全身を治療できる反応点治療を共に学びませんか?皮膚にあらわれる反応点を感じられる職人の手を作りましょう。


日程
連続5回で実施。 •第1回  3月13日(日)
•第2回  5月8日(日
•第3回  7月10日(日)
•第4回  9月11日(日)
•第5回  11月13日(日)


時間
午前の部 10:00~11:30 反応点治療の概論(講義)
午後の部 13:00~16:00 反応点治療の実技

日程
•第1回 自律神経機能と反応点治療の関連 ~自律神経失調症の仕組み~
•第2回 筋反応点の発生と弛緩メカニズム ~脊髄反射を介する筋緊張~
•第3回 痛みを解消する反応点治療 ~機械刺激受容器の興奮と痛みの関連~
•第4回 めまい・耳鳴り・難聴と反応点治療 ~メニエール病の理解と耳の失調~
•第5回 婦人科疾患の反応点治療 ~生理痛・不妊症の盲点~


会場

場所:神戸東洋医療学院
住所:神戸市中央区三宮町1丁目9番1号 センタープラザ13階・14階

JR・阪急・阪神・地下鉄・ポートライナー、三宮駅より歩いて5分
※駐車場はございません。
地図はこちら → http://k-toyoiryo.com/access.html
※お問い合わせは会場ではなく下記にある当講習会の受付にメールでお願いします。


対象
鍼灸師、鍼灸学校の学生

定員
25名

参加費
1回ごとに6,000円(当日徴収いたします)

持ち物
自分の鍼灸道具(普段使っているもの)、筆記用具
服装は自由です。治療を受ける側にもまわるのでラフな格好で。

テキスト

「反応点治療」 河村廣定・著 (医道の日本社 3,400円+税)
「ツボ刺激による自己ケア」 河村廣定・著 (遠見書房 2,000円+税)

※必須ではありませんが、反応点治療の知識修得のため、購読されることをおすすめしています。


申込先
事前申し込みが必要です。
申し込み先:felice0619*cpost.plala.or.jp 吉田和平 宛
迷惑メール防止のため、@を※にしています。*を@に変更して送信してください。
携帯電話からメールを送信される方は、必ずパソコンからのメールを受信可能にしてください。
氏名、電話番号、住所、所属(勤務先、学校名など)を明記してください。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。

その他
この実技講習会は連続5回を1クールとします。5回連続してご参加されることを望みます。


講師紹介


河村廣定

河村廣定
反応点治療研究会 顧問

1949年長野県生まれ。

専修大学卒業後、故富崎源一氏に師事し、早稲田鍼灸専門学校を卒業。
1983年岐阜市内で開業。 開業時に皮膚の異感覚と病態の関係に気づき、数々の研究を経て「反応点治療」を体系化。2000年神戸東洋医療学院に勤務しながら反応点治療の普及に努める。

中和鍼灸専門学校非常勤講師、(社)岐阜県鍼灸師会会長、第49回全日本鍼灸学会実行委員長を歴任し、(社)日本鍼灸師会会長表彰、(社)全日本鍼灸学会会長表彰、岐阜県知事表彰を受賞。


書籍

はり灸師が教える ツボ刺激による自己ケア -皮膚から検索・疾患別アプローチ

著者:河村廣定

出版社:遠見書房 (2012/6/25)

反応点治療―経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療

著者:河村廣定

出版社:医道の日本社 (2005/06)



※リンク先はAmazon.co.jpです。

| アナウンス | 13:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美容も気になる

症例60代 女性 

腰痛で来院し、症状が改善しているなかなか。、その後も健康管理のため健康管理のため月に2回位で定期的に通院している。痛みから解放され精神的に余裕ができたせいか、しわの深さが気になりため、美容の鍼(美顔鍼)も一緒におこなうことになった。しわの深さが常に気になっているとのこと。

1回目

目、鼻、口腔、咽喉の反応が見られ、る。咀嚼筋等顔面部の筋肉の反応もを確認しそれぞれの反応点に施術をおこなった。治療後、鏡で確認し顔に張りが出てしわが薄く感じられるとのことだった。目もすっきりした感じになったようだ。

3~5回目
自己ケアも併用しているせいかで治療前の段階で顔の張りがしっかりとしたものになってきたいる。
しかし目や口腔などの反応点はもまだ改善しきれていない。直後効果の継続期間を延ばすためにも各反応点の改善を図る必要がある。また、鼻や口腔の反応の影響を受けたと考えられる咀嚼筋等の筋肉の反応点も治療を継続した。

8回目以降
自己ケアがきちんとできると非常に良い状態になる。何もせずにずっと良い状態をに保つのは無理だがきちんとケアしていると、しわは以前より目立たなくなっている。また当院での定期的な治療も継続中である。

治療のポイントと反応点の状況
顔面、頭部の筋肉と目、鼻、口腔、咽喉の反応点を治療。

治療の経過と感じたこと
しわというと、ついつい肌そのものだけに注目してしまうものだが。しかし、その肌や筋肉に影響を及ぼすする鼻や口腔の反応点をきちんとケアすることが重要である。顔面の反応点のケアにより皮膚、筋肉本来の張りに近づけることで、しわを軽減させることができると考えている。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院 岸本直樹 | 12:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

顔のハリ

症例30代 女性 

腰痛、肩こりで来院、症状が改善された後は定期的に通院している。前回の治療でアンチエイジングの話題となり、美容の鍼(美顔鍼)をおこなうことになった。3人の子育て中で、年々顔の張りが無くなってきたと感じており、疲労感も強い。

初回
顔の反応を確認すると全体にやや力強さが感じられなく、目、鼻、口腔の反応が見られた。これらの反応点と顔面部の筋肉の反応も確認し施術をおこなった。治療後、顔に張りを感じたようで満足した様子だった。

2回目
2週後に来院されて全身治療に加え、美顔鍼もおこなった。前回の治療後しばらくは、顔に触れるのが楽しいとのことだった。しかし少しずつ肌の張りが弱くなってきたと感じたようで今回も美顔鍼容の施術をおこなった。やはり鼻、口腔の反応が出ており、その影響を受けた咀嚼筋等の筋肉の反応点も確認し治療をおこなった。

3回目
定期的な全身治療の約2回に1回の頻度で美顔鍼をおこなっている。治療後はきちんと効果を実感できているようだ。セルフケアも実践してもらっている。

治療のポイントと反応点の状況
顔面の筋肉、目、鼻、口腔、咽喉の反応点を治療。

治療の経過と感じたこと
美容領域は忙しさの中で、ついつい疎かになる場合があるが、顔面の皮膚に影響している反応点の確認、そしてその部分の治療が重要だと思われる。歳のせいだと諦めている人もいるが、定期的なケアを行えば美顔の効果が現れると考えている。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院 岸本直樹 | 15:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼と一緒に体調管理

40代後半 女性

初診 
娘さんにインターネットで「美顔鍼」を検索してもらい来院した。鍼灸治療は初めてだが、「少しでも肌のたるみや、しわを改善したい」と訴えた。顔面部の反応点は鼻や目、耳などが顕著に認められた。
施術を終え、1週間後の来院を促す。

2回目
前回の治療後、寝付きが良く、老眼も良くなったと驚いていた。また、普段から眉間に重さを感じていたが、その違和感もなくなったと笑顔が見られた。引き続き鼻や目の反応点を治療し、自宅でのセルフケアを促した。

3~8回目
「鼻や目の違和感もなくなり、肌の調子が良くなった」と喜んでいた。美顔鍼が目の疲れや鼻炎まで効果があることから,自宅でのセルフケにも熱がこもるように思われた。肌の調子や、鼻炎などの症状が落ち着いたため、二週間に一度の来院に切り替えた。

4ヶ月後
「肌がきれいになって顔が小さくなった」と娘さんに言われ、うれしそうだ。鼻の反応点や頚部のリンパ節の腫脹も小さくなっている。月1~2回のペースで継続して来院し、引き続き体調管理を行なうことにした。

治療のポイントと反応点の状況
目、鼻、耳、歯、ノドなど顔面との関わりが大きい反応点、そして肝臓など体調管理に重要な部位、膀胱、子宮などの下腹部の反応点を重要視して治療した。

考察
鼻炎など顔面部の愁訴や、その反応点の改善とともに、むくみやしわも軽減されたことから、顔面部の反応点と美顔との関わりが強いことが推察された
また肝臓など内臓器官の管理が肌の状況を改善したと考えている。

反応点治療研究会 
大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 10:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年来のニキビが消えた!

(初診)
 肩こりを訴えて来院された接客業の20代の女性は、頬から顎にかけて、赤く大きなニキビができていた。仕事柄、毎日お客さんに接するため、お顔のニキビはずいぶん苦痛のようだ。それ以外には鼻炎、アトピー性皮膚炎があり、頚部にも皮膚炎が認められた。
肝臓の反応点が顕著に悪い。耳・ノド・鼻回りに広く反応が出ている。

(2~5回目)
肝臓・胃腸の反応の改善、鼻の反応改善を中心に治療した。彼女は治療中、気持ちよさそうに眠ることが多かった。

都合が悪かったのか、一旦、治療間隔があく

(6回目)
秋になり、ニキビの数が増え再び来院した。肝臓、小腸に加え、胸腺への徹底施術を行なう。不正出血も見られたため、子宮への施術も行なう。
 漫然と治療するのではなく、週1回の通院を約束し、自宅でもローラー鍼(はり)による自己ケアを取り組んでもらうよう提案した。

(現在)
治療再開後、3回目頃より、全身の肌がきれいになってきている。新しいニキビはできなくなり、毎年夏になると発生するアトピーも見られないなど、きめ細かな肌のイメージになっている。
「これだけニキビが消えたのは、中学生のころ以来かも知れない!」と喜ばれ、  より良い肌のコンディションを目指すべく、現在も治療を継続中である。

(治療のポイントと反応点の状況)
この患者は、肝臓、小腸のほか、胸腺に反応が強く出ていたため、これらの改善を徹底した。

(治療の経過と感想)
ニキビの原因は感染と代謝だろう。彼女は胸腺の反応が顕著だったことから免疫系のトラブル、また、肝臓や小腸の反応が顕著だったことから消化や代謝に問題があったと推察している。これら「ニキビのできやすい体」が改善されることで、彼女本来の肌の状態へと導けたと考えている。

反応点治療研究会
岐阜市  はり灸専門 サンリ治療院 舟橋寛延

| サンリ治療院  舟橋寛延 | 21:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍼灸で、にきび治療

症例 ニキビ 20代 女性

初診
2年前に仕事を始めてから、あごにニキビができるようになったと言う。あご全体に、大きなニキビが一面覆れていた。「このニキビ、治りますか」と悲痛な面持ちで、ニキビを解消するために行ってきた数々の努力を話してくれた。「はり灸治療は初めてですが、ニキビが治るなら」と来院された。

2~4回目
治療回数を重ねるごとに、「ニキビが小さくなっている」と笑顔が見られた。
はりが痛くないことが分かり安心していた。また、自宅でのセルフケアを指導した。

5回目~12回目
肝臓、耳、小腸、胸腺の反応の戻りが安定してきた。芯のある硬い大きなニキビが小さくなり、周辺の小さなニキビも見られなくなってきた。また、生理の時にできる新しいニキビも減少した。

現在
連休中に里帰りした時、母親が驚いていたと笑顔で話してくれた。初診時、「今まで何をやっても治らないので、今回もだめかもしれない」と悩みを抱えて来院したが、今ではニキビが改善できる喜びを感じている。

治療ポイントと反応点の状況
耳、のど、鼻、肝臓、胸腺、小腸、大腸の反応点が観察された。治療を重ねるごとに、これらの反応点の回復が早くなった。それと同時にニキビの減少が見られた。

考察
ニキビの悩みを持つ多くの方は、皮膚科に行き、薬をもらい、スキンケア用品をたくさん試し、それでも改善されないと不安を抱いている。。従来のケアは皮膚表面のみに着目しているが、内臓の状態を整えることが根本治療につながると確信した例である。内臓の状態が新しいニキビの発生に深く関わるのだろうと思われた。

反応点治療研究会 大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 00:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

健康管理にぴったり!鍼治療

症例 40代 女性

初回
残業続きで、首や肩こりがひどい。「身体がつらく、しんどくてどうにもならない」とのことで来院された。
色も悪く疲れきった様子であった。治療後、今まで受けた鍼灸治療とは全く違う治療法も気に入ったようだ。そして週1回の治療を行うこととなった。

2回目
治療後、ずいぶんと身体が軽くなり、首や背中が楽になったと喜んでいた。平素の疲労感がなくなり、身体のメンテナンスの重要性を改めて感じてもらえたようだ。

4ヵ月後
全身におよぶ身体のだるさや筋肉のコリ感は、ずいぶん解消されてきた。少し気持ちにもゆとりができたのだろうか、家の中が片付いてきたとうれしそうに話していた。改善すべき反応点はまだまだあるが、彼女は週1回の治療を楽しみにしていると言っていた。

1年半後
週1回の治療を休まずに継続された。内臓機能が活発になったのだろう、顔の表情が明るくなった。そして治療中寝ているだけで、これといったダイエットをしていないのにお腹周りもスッキリしてきたと喜んでいた。1週間蓄積された疲労や筋肉の緊張はすぐ解消されるようになっている。初診から1年半が経過した現在も継続して通院している。

治療のポイントと反応点の状況
耳、鼻、喉、肺、肝臓、心臓、小腸、膀胱、生殖器の反応点。
首、肩背部、腰部にみられた筋肉の反応点に対してきめ細かく対応した。

治療の経過と感じたこと
結婚後も家事と残業続きの仕事との両立でかなりつらかったのだろう、顔の表情も暗かったように覚えている。納得のいく治療院を探していたところ、反応点治療に出会えてうれしかったとの患者の言葉から、全身の反応点を改善させることは、健康管理にぴったりの治療法だと確信した。

反応点治療研究会 神戸市  さくら はりきゅう院    清水 基子

| さくらはりきゅう院  清水基子 | 22:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

にきびによる悩み

30代女性

初診
数年来、にきびの治療を皮膚科で行っているが、納得できない様子であった。顔全体に比較的大きな赤みのあるにきびが目立つ。どうにかしたいと悲痛な面持ちである。そこで週に一回の通院治療することになった。

二回目
もう一つの訴えであった便秘が改善したらしい。

三回目
便通は、ほぼ毎日あるようになり、にきびの数が全体的に少なくなる。

五回目
にきびが目立たなくなってきたと笑顔で来院。

七回目
全体的に、にきびが減り、炎症性のにきびが見当たらなくなる。

十回目
ほとんど、にきびが見られなくなる。

現在
にきびは治まっている。現在、予防で月に一回のペースで来院している。

治療のポイントと反応点の状況
初診時、のど、耳、肝臓、便秘の反応が顕著に見られたので重点的に治療を行った。

治療の経過と感じたこと
のど、耳、肝臓の反応が強く出ており、そのことが皮膚の分泌腺の状態や免疫力の低下などに影響したと感じた。また愁訴の便秘も何らかの影響をおよぼす可能性が考えられた。本例は自宅でのセルフケア(のど、耳、肝臓)の指導を促したが、反応が良くなるにつれ、にきびの状態も改善してきた。にきびの治療には、発症部の皮膚のみにとらわれず、体全体の体調管理が大切だと感じた。

反応点治療研究会  大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シミの悩み

60代女性。

最近シミが増え、濃くなったと悩んでいる。

1回目
右頬の中心、頬の左右外側に特に濃いシミが見られ、その周辺にも点在していた。副鼻腔炎と歯槽膿漏の持病があるという。
眼、耳、鼻、口腔など顔面部には広く反応があり、鼻、口腔は顕著であった。
その他、内臓では肝、肺、心、小腸、横行結腸の反応が強い。
治療後、顔のむくみが取れ、全体に引き締まり、顔色も明るくなる。

2回目
治療中うとうと眠るようになる。
自宅でできるセルフケアを勧める。

3回目
副鼻腔炎の違和感が減ってきたと喜ばれる。

最終
その後も週に2~3回の治療を続け、2ヵ月で全体にシミが薄くなり始めた。約3ヵ月で頬の中心の、30年間苦になっていたシミはほとんど見えなくなった。周囲のその他のシミも小さく、薄くなっている。
課題であった顔面部、腹部の反応点は落ち着くと、患者からは顔全体のくすみも取れ、肌の色合いも明るいトーンになった、副鼻腔に膿の貯留もなくなったと喜びを表した。。
患者は現在も週に1~2回の治療を続けている。

考察
患者の日常は屋内中心の生活で、特にたくさん日光に当たる機会もなかったそうなことから、
副鼻腔炎や歯槽膿漏といった粘膜の炎症が、シミを濃くし、増やした主な原因かと推察している。
美しい肌環境を保つためには、顔面部にはり治療をするのみならず、内臓や器官など深部の働きを改善する必要性を感じた。今後も顔の反応点に加え、内蔵反応点の改善に努めていきたいと思う。



反応点治療研究会 竹原彩子

| 反応点治療研究会個人会員 | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼

50代 女性

当初 肩こりの訴えで来院されたが、顔の周りの反応点と肩こりとの関係をお話しするうちに美顔鍼の話となり、同時に施術することとなった。

初回

エステサロンによく行かれていたようで、肌の手入れが行き届いている。さらに改善出来る箇所を説明しながら施術を行った。( 全身の鍼治療 + 美顔鍼 )

2回目

喜んで来院された。「即効性がある。 顔の部分だけを見てもエステより効果がある。」と前回の施術結果に大変満足されているようだ。 施術後、ほうれい線が薄くなり、目じりアップや小じわの減少が顕著に見られた。
持続的な効果が十分とは思えなかった事から、セルフケアを指導して試してもらった。

最終

治療後の持続時間に変化があった。セルフケアによって倍以上の効果持続が得られたようだ。セルフケアを生かしながら要所要所で施術を行うことで、効果の持続が可能と思われた
現在も定期的な治療を続けている。

治療のポイントと反応点の状況

狭心症などの既往歴があり、手足のむくみも少し見られる。心・肝・大腸・小腸の反応点に治療しつつ美顔鍼を施した。肩・頸に掛けての反応を解消した。

治療の経過で感じたこと

全身に施術を行いながら美顔鍼を行うことでより顕著な効果が期待できた。美顔には皮下のコラーゲンの修復が重要と言われているが、体の内部から血流・リンパの流れを変えることで、コラーゲン層の改善、むくみの解消などナチュラルな美肌効果を出せたと思われた。


反応点治療研究会 神戸市  ゆるり治療院  呉本 昭秀

| ゆるり治療院  呉本昭秀 | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼をきっかけに、本当の美しさを追求

症例30代 女性

初回
フェイスラインのたるみをとって、すっきりしたいということで、美顔鍼を受けに来院。そして突然起きる偏頭痛のために寝込むこともあると訴えた。顔と頭部に施術。その後、お腹の反応を診たところ大腸に反応が顕著だった。尋ねてみると、便秘もひどく毎日下剤を飲んでいるとのこと。

二回目
「次の日、驚くほどお通じがあり、お腹がすっきりした!」と信じられないと言う表情で来院。

三回目
すこし便が出にくくなったので、便秘薬を飲んだら効きすぎたとのこと。お腹の状態が落ち着いてから水を飲むことと、自宅ケアをしっかり行なってもらうように伝えた。

七回目
気になっていたフェイスラインのたるみがだいぶすっきりしてきた!と喜んでいる。偏頭痛も、便秘も改善したため、便秘薬を中止した。

最終
3ケ月ほど二週間に一回のペースで来院されている。くすみがとれ、お肌の調子もよくなった。さらにがんこな便秘が治り、偏頭痛もまったく起こらなったことをとても喜ばれていた。これからも予防のため月1、2回来院される予定だ。

治療ポイントと反応の状況
お顔の美容目的で来院されたが、全身をしっかり触診した結果、耳、歯、頭部、腹部など多くの部分に反応があり治療することとなった。

治療の経過と感じたこと
鍼を受けるきっかけは美顔鍼であったが、同時に便秘と偏頭痛も治療できた。美容は表面ばかり気にしがちだが、今回のように全身状態が健康になれば、本当の美を手に入れられることが確認できた。



反応点治療研究会 大阪市 こころはり灸治療院 野口 恵美

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【美容と健康】

美容鍼灸と言う言葉が聞かれるようになりました。また、アトピー性皮膚炎など皮膚のトラブルも外見上、気にかかるものでしょう。肌の美しさは、皮下に原因があるようです。皮下構造の歪みなどが代謝、分泌などに影響して、皮膚炎などを誘発します。
 反応点治療では皮下に鍼刺激を加えますが、そこは、血液とリンパが流れています。また皮膚を支配する神経群が分布するからです。また、
色素は肝臓で合成されますから、その機能も重要な要件です。

| アナウンス | 20:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |