美容と健康<美容鍼灸・美顔鍼>(反応点治療研究会症例集)

ニキビ、しみ、皮膚炎、ケロイドなどお肌のトラブル、ダイエット(痩身):このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が美容鍼灸をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼と一緒に体調管理

40代後半 女性

初診 
娘さんにインターネットで「美顔鍼」を検索してもらい来院した。鍼灸治療は初めてだが、「少しでも肌のたるみや、しわを改善したい」と訴えた。顔面部の反応点は鼻や目、耳などが顕著に認められた。
施術を終え、1週間後の来院を促す。

2回目
前回の治療後、寝付きが良く、老眼も良くなったと驚いていた。また、普段から眉間に重さを感じていたが、その違和感もなくなったと笑顔が見られた。引き続き鼻や目の反応点を治療し、自宅でのセルフケアを促した。

3~8回目
「鼻や目の違和感もなくなり、肌の調子が良くなった」と喜んでいた。美顔鍼が目の疲れや鼻炎まで効果があることから,自宅でのセルフケにも熱がこもるように思われた。肌の調子や、鼻炎などの症状が落ち着いたため、二週間に一度の来院に切り替えた。

4ヶ月後
「肌がきれいになって顔が小さくなった」と娘さんに言われ、うれしそうだ。鼻の反応点や頚部のリンパ節の腫脹も小さくなっている。月1~2回のペースで継続して来院し、引き続き体調管理を行なうことにした。

治療のポイントと反応点の状況
目、鼻、耳、歯、ノドなど顔面との関わりが大きい反応点、そして肝臓など体調管理に重要な部位、膀胱、子宮などの下腹部の反応点を重要視して治療した。

考察
鼻炎など顔面部の愁訴や、その反応点の改善とともに、むくみやしわも軽減されたことから、顔面部の反応点と美顔との関わりが強いことが推察された
また肝臓など内臓器官の管理が肌の状況を改善したと考えている。

反応点治療研究会 
大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也
スポンサーサイト

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 10:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍼灸で、にきび治療

症例 ニキビ 20代 女性

初診
2年前に仕事を始めてから、あごにニキビができるようになったと言う。あご全体に、大きなニキビが一面覆れていた。「このニキビ、治りますか」と悲痛な面持ちで、ニキビを解消するために行ってきた数々の努力を話してくれた。「はり灸治療は初めてですが、ニキビが治るなら」と来院された。

2~4回目
治療回数を重ねるごとに、「ニキビが小さくなっている」と笑顔が見られた。
はりが痛くないことが分かり安心していた。また、自宅でのセルフケアを指導した。

5回目~12回目
肝臓、耳、小腸、胸腺の反応の戻りが安定してきた。芯のある硬い大きなニキビが小さくなり、周辺の小さなニキビも見られなくなってきた。また、生理の時にできる新しいニキビも減少した。

現在
連休中に里帰りした時、母親が驚いていたと笑顔で話してくれた。初診時、「今まで何をやっても治らないので、今回もだめかもしれない」と悩みを抱えて来院したが、今ではニキビが改善できる喜びを感じている。

治療ポイントと反応点の状況
耳、のど、鼻、肝臓、胸腺、小腸、大腸の反応点が観察された。治療を重ねるごとに、これらの反応点の回復が早くなった。それと同時にニキビの減少が見られた。

考察
ニキビの悩みを持つ多くの方は、皮膚科に行き、薬をもらい、スキンケア用品をたくさん試し、それでも改善されないと不安を抱いている。。従来のケアは皮膚表面のみに着目しているが、内臓の状態を整えることが根本治療につながると確信した例である。内臓の状態が新しいニキビの発生に深く関わるのだろうと思われた。

反応点治療研究会 大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 00:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

にきびによる悩み

30代女性

初診
数年来、にきびの治療を皮膚科で行っているが、納得できない様子であった。顔全体に比較的大きな赤みのあるにきびが目立つ。どうにかしたいと悲痛な面持ちである。そこで週に一回の通院治療することになった。

二回目
もう一つの訴えであった便秘が改善したらしい。

三回目
便通は、ほぼ毎日あるようになり、にきびの数が全体的に少なくなる。

五回目
にきびが目立たなくなってきたと笑顔で来院。

七回目
全体的に、にきびが減り、炎症性のにきびが見当たらなくなる。

十回目
ほとんど、にきびが見られなくなる。

現在
にきびは治まっている。現在、予防で月に一回のペースで来院している。

治療のポイントと反応点の状況
初診時、のど、耳、肝臓、便秘の反応が顕著に見られたので重点的に治療を行った。

治療の経過と感じたこと
のど、耳、肝臓の反応が強く出ており、そのことが皮膚の分泌腺の状態や免疫力の低下などに影響したと感じた。また愁訴の便秘も何らかの影響をおよぼす可能性が考えられた。本例は自宅でのセルフケア(のど、耳、肝臓)の指導を促したが、反応が良くなるにつれ、にきびの状態も改善してきた。にきびの治療には、発症部の皮膚のみにとらわれず、体全体の体調管理が大切だと感じた。

反応点治療研究会  大阪市 こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼をきっかけに、本当の美しさを追求

症例30代 女性

初回
フェイスラインのたるみをとって、すっきりしたいということで、美顔鍼を受けに来院。そして突然起きる偏頭痛のために寝込むこともあると訴えた。顔と頭部に施術。その後、お腹の反応を診たところ大腸に反応が顕著だった。尋ねてみると、便秘もひどく毎日下剤を飲んでいるとのこと。

二回目
「次の日、驚くほどお通じがあり、お腹がすっきりした!」と信じられないと言う表情で来院。

三回目
すこし便が出にくくなったので、便秘薬を飲んだら効きすぎたとのこと。お腹の状態が落ち着いてから水を飲むことと、自宅ケアをしっかり行なってもらうように伝えた。

七回目
気になっていたフェイスラインのたるみがだいぶすっきりしてきた!と喜んでいる。偏頭痛も、便秘も改善したため、便秘薬を中止した。

最終
3ケ月ほど二週間に一回のペースで来院されている。くすみがとれ、お肌の調子もよくなった。さらにがんこな便秘が治り、偏頭痛もまったく起こらなったことをとても喜ばれていた。これからも予防のため月1、2回来院される予定だ。

治療ポイントと反応の状況
お顔の美容目的で来院されたが、全身をしっかり触診した結果、耳、歯、頭部、腹部など多くの部分に反応があり治療することとなった。

治療の経過と感じたこと
鍼を受けるきっかけは美顔鍼であったが、同時に便秘と偏頭痛も治療できた。美容は表面ばかり気にしがちだが、今回のように全身状態が健康になれば、本当の美を手に入れられることが確認できた。



反応点治療研究会 大阪市 こころはり灸治療院 野口 恵美

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |