美容と健康<美容鍼灸・美顔鍼>(反応点治療研究会症例集)

ニキビ、しみ、皮膚炎、ケロイドなどお肌のトラブル、ダイエット(痩身):このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が美容鍼灸をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

顔のハリ

症例30代 女性 

腰痛、肩こりで来院、症状が改善された後は定期的に通院している。前回の治療でアンチエイジングの話題となり、美容の鍼(美顔鍼)をおこなうことになった。3人の子育て中で、年々顔の張りが無くなってきたと感じており、疲労感も強い。

初回
顔の反応を確認すると全体にやや力強さが感じられなく、目、鼻、口腔の反応が見られた。これらの反応点と顔面部の筋肉の反応も確認し施術をおこなった。治療後、顔に張りを感じたようで満足した様子だった。

2回目
2週後に来院されて全身治療に加え、美顔鍼もおこなった。前回の治療後しばらくは、顔に触れるのが楽しいとのことだった。しかし少しずつ肌の張りが弱くなってきたと感じたようで今回も美顔鍼容の施術をおこなった。やはり鼻、口腔の反応が出ており、その影響を受けた咀嚼筋等の筋肉の反応点も確認し治療をおこなった。

3回目
定期的な全身治療の約2回に1回の頻度で美顔鍼をおこなっている。治療後はきちんと効果を実感できているようだ。セルフケアも実践してもらっている。

治療のポイントと反応点の状況
顔面の筋肉、目、鼻、口腔、咽喉の反応点を治療。

治療の経過と感じたこと
美容領域は忙しさの中で、ついつい疎かになる場合があるが、顔面の皮膚に影響している反応点の確認、そしてその部分の治療が重要だと思われる。歳のせいだと諦めている人もいるが、定期的なケアを行えば美顔の効果が現れると考えている。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

スポンサーサイト

| 岸本鍼灸治療院 岸本直樹 | 15:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |