美容と健康<美容鍼灸・美顔鍼>(反応点治療研究会症例集)

ニキビ、しみ、皮膚炎、ケロイドなどお肌のトラブル、ダイエット(痩身):このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が美容鍼灸をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美顔鍼をきっかけに、本当の美しさを追求

症例30代 女性

初回
フェイスラインのたるみをとって、すっきりしたいということで、美顔鍼を受けに来院。そして突然起きる偏頭痛のために寝込むこともあると訴えた。顔と頭部に施術。その後、お腹の反応を診たところ大腸に反応が顕著だった。尋ねてみると、便秘もひどく毎日下剤を飲んでいるとのこと。

二回目
「次の日、驚くほどお通じがあり、お腹がすっきりした!」と信じられないと言う表情で来院。

三回目
すこし便が出にくくなったので、便秘薬を飲んだら効きすぎたとのこと。お腹の状態が落ち着いてから水を飲むことと、自宅ケアをしっかり行なってもらうように伝えた。

七回目
気になっていたフェイスラインのたるみがだいぶすっきりしてきた!と喜んでいる。偏頭痛も、便秘も改善したため、便秘薬を中止した。

最終
3ケ月ほど二週間に一回のペースで来院されている。くすみがとれ、お肌の調子もよくなった。さらにがんこな便秘が治り、偏頭痛もまったく起こらなったことをとても喜ばれていた。これからも予防のため月1、2回来院される予定だ。

治療ポイントと反応の状況
お顔の美容目的で来院されたが、全身をしっかり触診した結果、耳、歯、頭部、腹部など多くの部分に反応があり治療することとなった。

治療の経過と感じたこと
鍼を受けるきっかけは美顔鍼であったが、同時に便秘と偏頭痛も治療できた。美容は表面ばかり気にしがちだが、今回のように全身状態が健康になれば、本当の美を手に入れられることが確認できた。



反応点治療研究会 大阪市 こころはり灸治療院 野口 恵美

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT